スリランカの最南端、ハンバンドータの海岸 満月の日

インド洋から海水を広大な塩田に引き込む

赤道直下の太陽の日差しと海風の力によって塩の結晶化が始まる

次の満月の日、自然の力によって出来上がった塩は人の手によって集められ

7ミリ程ある結晶をすり鉢ですり潰す

​山から掘った岩塩ではない

海水を煮詰めた塩でもない

人が塩田に海水をまいて作る塩でもない

海岸で満月から満月の間を要し、自然の力で作られる神秘の塩

世界でも珍しい天然海塩です

満月から満月の間、ほんの少しの雨が降ってしまうだけで

その週の塩は作る事が出来ません

大量生産はおろか、安定供給も出来ない貴重な塩です

お食事に入られる前、ちょっとなめてみて下さい、まろやかな口あたりです

​食材につけるとつけすぎてしまうので、指でつまんでかけて下さい

​食材本来の味を最大限に引き出します